有効ながん治療による副作用

がんの2次的な治療にも用いられる天仙液について

がんの2次的な治療にも用いられる天仙液について 天仙液は漢方でのがん治療のために30年前に開発されたもので、天然漢方生薬だけを用いた抗がん漢方薬です。
現在は世界の多くでも漢方薬や漢方のサプリメントとして認可されています。
ガン剤ではがんにかかるとほとんどの人が病院の西洋医学における抗がん治療を行います。
抗がん治療には摘出手術、放射線治療、薬物療法がありますが、そのうち放射線治療と抗がん剤治療は、最近は軽減されつつあるとはいえ副作用があり、体力も免疫力も衰えるなど身体に負担がかかる治療です。
そこで2次的な治療法として代替療法を求める患者も増えてきました。
代替治療にはリンパ球療法、温熱療法などがありますが、漢方療法もその一つで、その中の天仙液は天然の漢方生薬を20種類以上配合し、がん細胞の増殖を抑制する作用がある漢方薬です。
体に負担をかけずに免疫力を高めることができ生活の質を向上させることができます。
実際に天仙液は今までに世界中で、延べ80万人の人に愛用し治療効果も確認され多くの研究論文も医学誌に掲載され、世界的にも高く評価されています。
天仙液に配合の生薬に関する毒性検査などの品質チェックは香港SGSという世界的な権威のある検査機関で行われ、厳密な管理の下で一つ一つ製品化されています。

「天仙液」の副作用にはどのような症状がある?

「天仙液」の副作用にはどのような症状がある? みなさんは「天仙液」をご存知ですか。
あまりその名前をご存知の方はいないかもしれません。
「天仙液」は、中国の5000年以上の歴史を持つ漢方医学と現代医学の技術が合わさることで開発された「抗がん漢方薬」です。
基本的に指示通りの適切な量を適切なタイミングで服用した場合に深刻な副作用がでないことが正式に報告されています。
また、天仙液は基本的にすべて天然成分から作られる漢方製剤なため、西洋医学の実験からも急性毒性や慢性毒性がなく、肝臓や腎臓、胸腺の機能を損なうことも一切ないということが実際に確認されています。
ただし、あくまで「薬」であるため副作用が一切ないというわけではない点には注意が必要です。
代表的な症状としては服用後の胃腸の不快感、下痢、老廃物の排出による皮膚の湿疹が挙げられます。
一方でこれら症状は「天仙液」の特徴ではなく「漢方薬」服用時によく見られる症状です。
そのため、少し服用を続けて漢方薬になれれば最初感じていた不快感を継続的に感じることはまずないと言われています。
無理な服用は避けるべきですが最初少し不快感を感じても少し継続して続けてみるのが良いかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

がん治療に有効な情報サイト

天仙液で治療する